次のページ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
及川浩治の《皇帝》を聴きに行く
昨日はお隣の市のホールに及川浩治さんの《皇帝》を聴きに行ってまいりました。
お友達親子2組とご一緒させていただきました。


『兵庫芸術文化センター管弦楽団特別演奏会』

 佐渡 裕(指揮)
 及川 浩治(ピアノ)
 兵庫芸術文化センター弦楽団(管弦楽)

プログラム

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番変ホ長調 作品73 《皇帝》

アンコール:ベートーヴェンピアノソナタ《月光》第1楽章

休憩

ベートーヴェン:交響曲第7番イ長調 作品92

アンコール:チャイコフスキー《アンダンテ・カンタービレ》





まず指揮の佐渡裕さんが舞台に登場されて、管弦楽団の紹介およびソリストの紹介をされました。
この管弦楽団は、阪神・淡路大震災の復興のシンボルとして、2005年10月にオープンした兵庫県立芸術文化センター専属のオーケストラです。35歳までの若手演奏家で構成されています。3年間在籍できるそうです。その間に研鑽を積みオーディションなどを受けて国内外のオケに巣立っていかれる演奏家が多数いらっしゃるそうです。佐渡さんはこの管弦楽団の芸術監督をされています。

いつも見ている『題名のない音楽会』でおなじみの佐渡さんが出てこられたとき、「本物だ~」と感激してしまいました。とても背の高い方です。

そしてソリストの及川浩治さんがステージに颯爽と現れて《皇帝》が始まりました。
及川浩治さんを聴くのは今回で2回目です。
前回とても熱い演奏をされたので、今回もとても楽しみにしていました。

しかも!《皇帝》!!
この曲は私がまだ幼かった頃、実家の父が毎日のようにレコードで聴いていた曲です。
私がベートーヴェンと思って初めて聴いた曲がこの曲です。
幼いながらも皇帝の名にふさわしい、この曲の輝かしさ、堂々とした華やかさに心奪われたのを覚えています。その時から大好きな曲になったのです。
なので嫌が応にも期待は膨らみます。


期待を裏切らない素晴らしい演奏でした。とても輝かしく熱い演奏でした。
私は今年に入ってこれまでに3度ピアノコンチェルト(グリーグ、ラフマニノフ、モーツァルト)を聴く機会があったのですが、どれも今ひとつ物足りなさを覚えて不完全燃焼気味だったのです。
オケに負けない迫力で演奏される及川さん。こうして見るとやはりピアノは男性の楽器なのかしらと思ってみたりもしました。


ソリストは曲に没入してすごい集中力です。ピアノソロになった時の美しさはほんと素晴らしかった。
コンチェルトが終わったあと、何度も呼ばれるソリスト。ブラボーも出ていました。
そして、アンコールに《月光》第1楽章を演奏されました。コンチェルトとはまるで違う曲想の曲。
これも素晴らしかったです。


ソリストがとてもいいのはもちろんなのですが、オケもすごくいいです。
7番のシンフォニーでの第1楽章、管がとてもよくて、長調から短調に転調した時など思わず魂を奪われるかと思いましたよ。

コンダクターはテレビで見かけるとおり、飛んだりもしてソリストに負けずとても熱い指揮です。
楽団の演奏者達は音楽をするのがとても楽しそう。一体となって音楽を造り上げていきます。
席が左側前方だったのですが、管打が見えなくてちょっと残念でした。
本当に素晴らしい演奏会でした。最近疲れていたのですが、活力を貰えました。
今年はにもたくさん演奏会を予定しています。とても楽しみです。

演奏会のあった会場です。
080712_1520~01




最近登場回数激減のにゃん吉です。ってかその前にブログさぼりすぎ。。
080703_1339~01

こんなホラー顔で廊下に落ちています!



スポンサーサイト

【2008/07/13 10:55】 コンサート | トラックバック(0) | コメント(5) |
尾道薪能
10日土曜日に尾道薪能にミニーベリーさんと行ってまいりました。
このブログにリンクしてある吉田篤史さんがシテ(主人公)をつとめられます。

土曜日は姉その2の高校の総会・懇談会があったので、それが終わってから行ったので開演ぎりぎりに会場に着きました。
会場は浄土寺です。

前日から雨が降っていましたが、あんまりよく降っているのでいくらなんでも夕方までにはやむだろうと期待していましたが、残念ながらやむこともなく寒い一日でした。

会場はテントが張ってあり、私たちが着いた時はもう空席がほとんどない状態でした。大盛況です。

会場の浄土寺。
画像 059



プログラム
狂言   因幡堂
仕舞   
巻絹(まきぎぬ)
 

去年も思ったのですが、狂言はわかりやすくて面白いです。シリアスの前のコメディです。
大酒飲みの妻の様子がとても面白くて、声を出して笑ってしまいました。

「巻絹」はとても美しかったです。装束が白とオレンジの巫女のようで、それがとても映えていました。
舞台はもうこの世ではありませんでした。
静かに、だけど抑えた力が押し寄せてくるようでした。
楽器の演奏でも思うのですが、ピアニシモってすごくパワーがいるような気がします。
フォルテシモで力を解放するのとまた違ったパワーがいるのではないかと思うのですね。
なんだかそれと似通ったパワーを感じました。生ならではの迫力です。
来年がまた楽しみになりました。

今年は横の端から観ていたのですが、舞台が終わったら席を立たれた方々がいらっしゃったので、舞台かぶりつきに移動した私たち。吉田篤史さんのご挨拶はかぶりつきで観ました。

去年も日が落ちてからはとても寒かったので、今年は防寒対策ばっちり!にして行こうと思っていた私たち。
しかし学習能力がないものですから、合羽があれば寒さは凌げるかと思ったら大きな間違いでした。
春のコートじゃなくて、冬のコートでよかったです~。でも冬物はもうクリーニングに出しているのでした~~。




好奇心いっぱいのハルちゃんです。
画像 058

お風呂場の探検中です。


ハルちゃんはお腹がすいたら一生懸命「ナムーナムー」と鳴きます。
そしてこっちこっちと人間を2階に誘導します。
ハルちゃん部屋へ連れて行かれると、お皿が空っぽになっているというわけです。
一生懸命なのが可愛いです♪
  
【2008/05/12 22:44】 コンサート | トラックバック(0) | コメント(5) |
バリトン演奏会
今日は姉その1が以前師事していたピアノの先生のご主人の演奏会がありました。
バリトンの演奏会です。先生は伴奏です。
バリトンに先立ち1部2部ともに1曲ずつピアノソロの演奏もありました。ピアノソロは音大の学生さんです。
1部は日本の歌曲、2部はシュトラウスの歌曲でした。



ピアノソロは緊張してたかな?

昨年秋川雅史のコンサートでも思ったのですが、日本の歌はいいですね~。
今回わたし的に一番よかったのは、「落葉松」でした。演奏者は短調の曲より長調の曲の方が合ってるように思えました。

シュトラウスは技巧的で最期の2曲は圧巻でした。素晴らしかったです。
1部2部で演奏者の皆さま、衣装を替えられて、目でも楽しい演奏会でした。






今朝洗濯物を干しているとハルちゃんがやってきました。
この時ハルちゃんがベランダに来るのはもう日課です。

熱心に隣の畑をのぞいています。
画像 192



この中にメジロがいたのです。
画像 202

わかるかなあ。
よくこんなところにいるの見つけるわ。



にゃん吉はここで鳥の監視中。
画像 185

なんか、しっぽ足と並んでいるのがおかしいw



ランキングに参加しています。
にほんブログ村 猫ブログ MIXハチワレ猫へ ポチっとよろしく!です。       
【2008/01/27 22:42】 コンサート | トラックバック(0) | コメント(7) |
イエルク・デームス ピアノリサイタル
職員旅行の舌の根も乾かぬうちに、昨日は隣の市であった『イエルク・デームス ピアノリサイタル」に行ってきました。
例によりHちゃんと天然娘ちゃんと一緒です。


プログラム
ハイドン : アンダンテと変奏曲 ヘ短調 Hob.ⅩⅦ-6
モーツァルト : ソナタ第11番 イ長調 KV.331(トルコ行進曲付)
ベートーヴェン : ソナタ第21番 ハ長調「ワルトシュタイン」Op.53

休憩

シューベルト : 4つの即興曲集作品90より 第2番変ホ長調 第3番ト長
ブルックーナー : ピアノ小品「思い出」変イ長調 WAB117
ベルク : ソナタロ短調Op.1
ブラームス : ラプソディー ト短調 Op.79-2

アンコール
シューベルト : 楽興の時
2曲目は曲名が分かりませんでした
シューマン : 飛翔



イエルク・デームスはもう80才になろうかという高齢です。
一昨日も確かこちらの市で別のプログラムでリサイタルを行っているはずです。
そして昨日のこのプログラム。やはり演奏家って体力勝負?

わたし的には前半の古典ものより、後半の方がよかったです。
ワルトシュタイン第3楽章の長大なロンドの冒頭近い部分で、少しヒヤッとしたところがあったと思います。が、もちろん何事もなかったかのように曲が進みます。あら私の思い違いかしら?と思ったくらい。
モーツァルトもベートーヴェンもテンポがかなり自由だったように思えました。

シューベルトの2曲の即興曲が一番よかった、というか私の好みの演奏でした。
プログラムが全部終わって、何度もカーテンコールに呼ばれる演奏者。
3曲のアンコールで応えてくれました。
やはりシューベルトが私的には一番よかったです。


さすがに連日の強行軍でしたので疲れました。だけど、演奏会って思った時に行かなきゃもう二度と行けないかもしれない、と思うと無理をしてでも行ってしまうのでした。。


旅行から帰って来てしばらくそっけなかったにゃん吉ですが、今は普通に甘えてきます。
nyan.jpg

かーちゃんがPCを使うのを邪魔するにゃん吉。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 猫ブログ MIXハチワレ猫へ ポチ。





【2007/11/27 07:33】 コンサート | トラックバック(0) | コメント(7) |
ブルース ブルース
今日休日出勤して、事務所に携帯忘れて帰ってきたにゃん吉ママです、こんばんは。
携帯になんでもかんでも入れているので、なかったらなんだか心許ない。。
明日も出勤する予定なので、一晩だけなんですけどね。


さて、昨日はブルースのライブにHちゃん、ミニーベリーさんと一緒に行って参りました。

CHICAGO在住のブルーズ・ハーピスト 湯口”わび”誠二の来日ライヴです。SHIN's SMOKEのオーナーは高校の同級生です。彼はギタリストです。ちなみに薫製もすっごく美味しいです。オススメですよ~
以前に行った尾道でのライブ → 

会場は私のお気に入りのイタリアンのお店。なにかおいしいもの食べられるかも、とこちらでも期待が膨らみます♪だけど、私は常時ダイエット中。しかも来週には職員旅行を控えているので、予めダイエットをしておかなくては!すんごい食べまくる予定だからね




ハーモニカと歌、ギター、ドラム、ベースの構成でした。
20071117204720.jpg


20071117204801.jpg

ハーモニカを吹きながら、歌を歌いながら、です。
とても熱の籠もった演奏でした。
正直私、ブルースってほとんど知らないのですが、演奏のエネルギーに圧倒されて思わず引き込まれてしまいました。そして別世界に連れていかれるような演奏でした。

それにハーモニカがあんなに音色が豊かだとは知りませんでした。
歌とハーモニカですごく体力を使いそうに思うのですが、エネルギーは最後まで衰えないのです。すごいわ、ほんとに。

ブラボーデビューした私たちですので、ブラボーの機会をうかがっていたのですが、どうも口笛とかが作法のようでしたので(笑)、今回は拍手のみ


さて、もう一つのお楽しみのお食事です。バイキングが用意されていました。
20071117210027.jpg


20071117210056.jpg

さすがにイタリアンのお店だけあって、パスタも数種類準備されていてとても美味しかったです
常時ダイエット中ということも忘れて、料金分は食べなくては!と張り切って食べまくるわたくし




20071117210520.jpg

あっと言う間に時間が過ぎました。
素晴らしい演奏に出会えて幸せな時間でした。
S川くん、ありがとね。また情報知らせてね。



えっと、一応猫ブログですので
20071117211109.jpg

にゃん吉は喉をさすって貰うのが好きです。
なでてやると、ゴロゴロいいます。とても可愛いです



ランキングに参加しています。
にほんブログ村 猫ブログ MIXハチワレ猫へ ポチっとよろしく!です。
【2007/11/17 21:14】 コンサート | トラックバック(0) | コメント(10) |
プロフィール

にゃん吉ママ

Author:にゃん吉ママ
 念願の猫との生活を満喫中。共働き主婦です。

猫マスター(とーちゃん)
 初めての猫との暮らし。にゃん吉を溺愛?

クォンさま=にゃん兄
 大学生。家を離れているのでほとんど姿は見えません。

にゃん姉その1
 大学生。歴史オタク

にゃん姉その2
 高校生。いつも冷静

にゃん吉
 2歳の男の子。本名はミッキーラムタムタガー・チー。脇腹にミッキーマウス柄を持っています。

ハルちゃん
 2007年12月28日に我が家にやってきました。女の子です。

最近の記事

最近のコメント

アクセスカウンター


無料カウンター

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

フリーエリア

素材お借りしました

sozai-p.jpg

フリーエリア

>


| ホーム | 次ページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。