スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
舘野泉ピアノリサイタル
昨日は舘野泉ピアノリサイタルに行って来ました。
公式サイトにも載っていますが、脳溢血で右半身不随となったものの、不屈の精神で乗り切って、左手による演奏会で復帰を果たしたピアニストです。

倒れる以前にも音楽雑誌にしばしば出ていらしたので、素晴らしいピアニストであろうことは想像していました。何年か前にNHKのドキュメンタリーで演奏再開の様子が取り上げられていて、とても深い感動を覚えたことを覚えています。

その番組を見た時から、いつかは絶対聴きたいピアニストになっていたのですが、今回その機会が訪れ本当にこの日を心待ちにしていました。

姉その1はもちろん、その2と、それから母の日のプレゼントに実家の母そして私で聴きに行くことにしてチケットを取っていたのです。
そのチケットですが、ローソンのLoppiでチケットの購入が出来ると知って、近所のローソンにいそいそと出かけたのはいいのですが…

Loppiを使うのが初めての私。ちょっと舞い上がっていたのですね~。
ペア券1組と学生券2枚買えばいいのに、ペア券を2組買ってしまったのですよ。。。あーあ、損しちゃったよ~とちょっとがっくりしたのですが、結果的にこれでよくなったのです。

それはね、姉その1が当日フルートの伴奏をすることになって、どうしても抜けられないと言って来たのですね。
あーもう!絶対その1に聴かせたかったのよ~。残念~と思っても仕方ありません。
結局実家の父を誘ったのです。なので学生券ではNG。まあよしとしましょう。


プログラム
吉松 隆:タピオラ幻想 Op.92(舘野泉に捧げる)
谷川健作:スケッチ・オブ・ジャズ(舘野泉に捧げる)
バッハ/ブラームス編曲:シャコンヌ ニ短調 BWV1004
スクリャービン:左手のための2つの小品 前奏曲と夜想曲 Op.9
吉松 隆:ゴーシュ舞曲 Op.96(舘野泉に捧げる)

曲と曲の間にお話があるのですが、そこはかとないユーモアがありピアニストの人柄が分かるような気がします。
バッハとスクリャービンは言葉に出来ないほど素晴らしかった。
今までこんな音楽を聴いたことがないと思った。
スクリャービンでの高音域でピアニシモで奏せられるトリル。
あんなトリルは初めて聴いた。まるで空気を操っているみたいでした。

左手だけで、あんなに豊かな音楽!ほんとに素晴らしい。
だけど、同時にこのピアニストの両手での演奏を聴いてみたいとも思いました。

ほんとに姉その1に聴かせたかった。きっと音楽観が変わると思う。
残念です。


リサイタル会場です。
20070528215515.jpg

大ホール1Fがほぼ満席でした。ピアニストの人気が分かります。
演奏も人柄が出ますね。
バッハ、スクリャービン、アンコールでブラボーが出ていました。


プログラムを眺めるにゃん吉(笑)
20070528215833.jpg



父におごって貰った晩ご飯。今回は中華。
20070528220153.jpg

エビで鯛を釣ったわけですな(笑)
スポンサーサイト

【2007/05/28 22:03】 コンサート | トラックバック(0) | コメント(9) |
comment
 
コメントを書く
  • ピアノリサイタルに最後に行ったのはいつだったかな。
    アシュケナージが最後だったような。
    ダン・タイソンなんかも行った記憶が。
    どのときにもぶんちゃんは隣で寝ていた。
    いつもs席を取っていたというのに!!
    この方は有名ですね。
    やはり片手だけのピアニストのために作曲された海外物がいくつかありますが、
    考えてみれば、どの演奏者だってこういう可能性あるしなあ。
    もっといろいろな方面から曲作りをしていったらおもしろいと思うのだけれども。
    技術や速さばかり追求するのではなくてね。
    にゃん吉さん、興味があるのかな?

    【2007/05/29 02:23】 url[お狂 #-] [ 編集]
  • 姉その1ちゃん一緒に行けなくて残念でしたね。
    にゃん吉君、さすが文化的!!

    お狂様はアシュケナージですか??
    羨ましいです!!

    【2007/05/29 06:51】 url[ミニーベリー #-] [ 編集]
  • 左手だけって
  • すごいことだと思います。
    両手が使えるのが普通になってるから
    いくら病気で倒れたからって言って 右手が使えなくなるなんて・・・
    そして 左手でまた ピアノを弾こうと思う気がおきるなんて。

    クラッシックとか好きなので 私もこういう演奏会ってすきです。
    でも 随分行ってないなぁ。。。

    【2007/05/29 08:23】 url[なっちん #-] [ 編集]
  • 最初、名前だけ見て女性の方かと思ったら、ロマンスグレーの紳士だったのね。
    それにしても左手だけで演奏するなんて凄いとしか言いようが無いですね!
    右半身不随になっても諦めない不屈の精神には本当に脱帽ですよ。
    ママさん両手が使えても弾けませんからね(^^;
    貴重で素敵な時間を過ごせて良かったですね(^^)v
    ふふふ、ママさんもローソンのLoppiを初めて使った時、軽くパニックになりましたよ(笑)
    こういう時に痛切に歳を感じますね、おばちゃんに最新式は無理だわ(^^;

    【2007/05/29 11:40】 url[ナナのママ #-] [ 編集]
  • ピアノリサイタルを聴きに?
    記事の内容ですばらしさが伝わってきます
    良い一日でしたね。

    ところでリサイタルの場所・・・
    見覚えあるんですケド・・・
    これは!
    私の住んでる町じゃないでしょうか?
    間違いない、自信ありますー!

    【2007/05/29 14:36】 url[サンタ #aEmTB4nk] [ 編集]
  • こんばんは
  • 片手でってすごいですね。
    ボクは指が短いというだけで断念したくらいですから。
    いつか家にグランドピアノをおこうと密かにたくらんでいます( ̄m ̄*)

    【2007/05/29 20:07】 url[りょお #mQop/nM.] [ 編集]
  • 私もNHKの番組見ました!
    ピアニストが半身不随になるって
    命もっていかれるのと同等の喪失感だったでしょうに。。。
    すごいですよね~
    私も生で聴いてみたいなぁ!

    【2007/05/30 20:14】 url[こめ #GQzJNJ3U] [ 編集]
  • ご無沙汰してます。
  • ピアノリサイタルですか~。いいですね~。
    左手だけって本当に凄いです。
    私もまたコンサートに行きたくなりました。。
    にゃん吉君もコンサートに行きたかったのかな。。
    最後の中華写真、美味しそうです~w

    【2007/06/03 21:19】 url[ミケネコ3サイ #-] [ 編集]
  • お返事
  • ☆お狂さま
     ダン・タイ・ソン!!私も行きましたよ~、若かりし頃w
    アシュケナージは残念ながら行ったことないのです。私は全盛期のポリーニに行きたかったです。田舎にいると演奏会に行くのも大変です。。。

    ラヴェルにも左手だけのものがありますね。舘野さんも演奏者のこういう可能性に言及されていました。
    にゃん吉はショパンのスケルツォ№2が好きなのですよ。ほんとよ(笑)コラールになるとうっとりしながら聴いているのよ。ほんとよ(笑)

    ☆ミニーベリーさま
     ねー羨ましいよね、アシュケナージ。
    機会があれば、多少無理してでも行かなくちゃと思いますなあ。
    せめて県庁所在地に住んでいればなあと思うことしばしば。。。

    ☆なっちんさま
     おー、クラシックお好きですか~。私も好きなのです。
    ピアノと言うとどうしても両手で、と思ってしまうのですが、音楽をするのに片手だろうと両手だろうと関係ないということがよく分かりました。ほんと素晴らしかったです。機会があればぜひ聴いてみて。

    ☆ナナのママさま
     そうなのよ~。両手でも弾けないわあ。。。
    とても穏やかな素敵な紳士でしたよ。

    世間はどんどん進化していって、まるでついて行けないわたくしですわ~。でも今度はちゃんと買えるような気がするよw

    ☆サンタさま
     まあ!まあ!!ではお住まいはF市ですね!?
    近いではないですか~。ほんとにお好み焼きを今度ご一緒しましょ。楽しみ~。

    ☆りょおさま
     りょおさんのお宅には白いグランドピアノが似合いそうです。
    ぜひ実現して!

    ☆こめさま
     こめさんもご覧になった?よかったですよね、あの番組。
    リサイタルもほんとに素晴らしかったです。
    機会があったらぜひ生で聴いてみて。

    ☆ミケネコ3サイさま
     いいですよ~、リサイタル。素晴らしい音楽が聴けました。
    両親と一緒だと、食べるものの傾向が違うのですよ。
    中華は全員一致ですw

     



     

    【2007/06/20 21:32】 url[にゃん吉ママ #-] [ 編集]
    please comment















    管理者にだけ表示を許可する

    trackback
    trackback url ↓
    http://nyankichi421.blog48.fc2.com/tb.php/125-85746a0e

    プロフィール

    にゃん吉ママ

    Author:にゃん吉ママ
     念願の猫との生活を満喫中。共働き主婦です。

    猫マスター(とーちゃん)
     初めての猫との暮らし。にゃん吉を溺愛?

    クォンさま=にゃん兄
     大学生。家を離れているのでほとんど姿は見えません。

    にゃん姉その1
     大学生。歴史オタク

    にゃん姉その2
     高校生。いつも冷静

    にゃん吉
     2歳の男の子。本名はミッキーラムタムタガー・チー。脇腹にミッキーマウス柄を持っています。

    ハルちゃん
     2007年12月28日に我が家にやってきました。女の子です。

    最近の記事

    最近のコメント

    アクセスカウンター


    無料カウンター

    カテゴリー

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    月別アーカイブ

    最近のトラックバック

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    RSSフィード

    フリーエリア

    素材お借りしました

    sozai-p.jpg

    フリーエリア

    >


    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。